ハーブガーデンシャンプー かゆみ

ハーブガーデンシャンプーはかゆみにどんな影響を与えるのか!?

 

ハーブガーデンシャンプーかゆみ

 

頭皮のかゆみを抑えたくて、ハーブガーデンシャンプーを使い始めた人は多いです。

 

というのも、かゆみはシャンプーが原因だったりするからです。

 

それでは、ハーブガーデンシャンプーを使うとかゆみを消せるのか?

 

 

この記事を最後まで読むことで、頭皮のかゆみを消去法で消すことができます。

 

 

ハーブガーデンシャンプーでかゆみは消せるのか?

 

頭皮のかゆみの原因は一つではなく複数あります。

 

それでは具体的にご紹介します。

 

間違ったシャンプー選び

 

頭皮のカユミの原因の一つが乾燥です。

 

頭皮には適度な皮脂や水分が必要不可欠ですが、

 

洗浄力の強いシャンプーを使うことで、頭皮に必要な皮脂が奪われてしまいます。

 

たとえばシリコンシャンプーには、髪をコーディングするメリットがありますが、

 

必要な皮脂まで除去してしまうデメリットもあります。

 

 

一方、ハーブガーデンシャンプーの場合、洗浄力がほどほどのアミノ酸系界面活性剤を配合しているので、

 

必要な皮脂を落とし過ぎるということはありません。

 

そして、余分な皮脂を落としきれないといったデメリットがありません。

 

保湿成分も多く配合しているので頭皮にうるおいをもたらします。

 

 

ずっとシリコンシャンプーを使ってきた人が突然ハーブガーデンシャンプーに切り替えると

 

髪がギシギシする可能性がありますが、使い続けると慣れます。

 

ギシギシやパサつきが嫌ですぐにやめてしまうと、かゆみからは抜け出せません。

 

 

間違ったシャンプーの使い方

 

シャンプーの使い方が間違っていると、頭皮のかゆみにつながります。

 

それは、ハーブガーデンシャンプーにも当てはまります。

 

かゆみを抑えるためにゴシゴシと力を入れてシャンプーしたり、爪で頭皮をひっかいたり、

 

毛先が硬いシャンプーブラシを使ったりすると頭皮を傷めてしまいます。

 

頭皮を傷つけると、角質がはがれてしまい、かゆみやフケが出やすくなります。

 

 

そして、シャンプーを洗い流すとき、すすぎが足りないと毛穴をふさいでしまい、

 

かゆみやフケ、抜け毛などの頭皮トラブルをひきおこします。

 

さらに、シャンプーした後、ドライヤーを使わず自然乾燥すると、雑菌が発生してしまいます。

 

かゆみにつながる要素は結構、シャンプーの使い方に潜んでいるですね。

 

こちらの記事でハーブガーデンシャンプーの使い方をまとめているので参考にしてください。

 

 

ハーブガーデンシャンプーがかゆみを抑える!

 

ハーブガーデンシャンプーは炎症を抑える成分を豊富に配合しています。

 

 

  • サクラ葉エキス
  • フムスエキス
  • ユズ果実エキス
  • スイカズラ花エキス
  • プルサチラコレアナエキス
  • アルニカ花エキス
  • オドリコソウ花エキス
  • オランダカラシエキス
  • ゴボウ根エキス
  • セイヨウキズタエキス
  • ローズマリーエキス
  • ローマカミツレ花エキス

 

いずれもお肌に優しい植物成分なので、敏感肌の人も安心して使えます。

 

ハーブガーデンシャンプーでかゆみが改善されない理由とは

 

ハーブガーデンシャンプーを使っても、かゆみが解消しない方は

 

下記の原因を疑ったほうがいいでしょう。

 

  • 生活習慣の乱れ
  • 皮膚病

 

 

生活習慣の乱れによるかゆみ

 

普段の食生活の乱れ、不規則な生活、ストレスなどで体の調子を崩してしまうと、

 

頭皮の調子も悪くなります。

 

食事の栄養バランスが偏っていたり、乱れていたりすると、

 

栄養素が頭皮に十分に運ばれなくなり、頭皮の状態が悪くなります。

 

また、脂肪分の多い食事だと、頭皮の皮脂量が増え、毛穴がつまり、かゆみや抜け毛を招きます。

 

 

そして、睡眠不足など不規則な生活は、ターンオーバーが乱れてしまい、かゆみにつながりますし、

 

ストレスをため込むと、免疫力が下がり、頭皮のバリア機能を下げてしまいます。

 

 

シャンプー以外にもかゆみが発生する要素はあるので、注意したいですね。

 

 

皮膚病によるかゆみ

 

ハーブガーデンシャンプーを使っていて、規則正しい生活をしているのにかゆみが出てしまう場合は、

 

純粋に皮膚の異常を疑ったほうがよいでしょう。

 

皮膚病として、

 

  • 乾癬
  • アトピー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • 皮脂欠乏性皮膚炎
  • 頭皮湿疹
  • 接触性皮膚炎
  • フケ症

 

などが挙げられます。

 

シャンプーや食生活、生活習慣で改善できない場合は、皮膚科を受診しましょう。

 

ハーブガーデンシャンプーの口コミ