ハーブガーデンシャンプー 脂漏性皮膚炎

ハーブガーデンシャンプーが脂漏性皮膚炎に最適な3つの理由とは!?

 

ハーブガーデンシャンプー脂漏性皮膚炎

 

脂漏性皮膚炎はつらいですよね。

 

私は中学生の頃からこの皮膚病にかかっていますが、原因が謎なので、

 

なかなか改善が難しく、長い付き合いになってしまっています。

 

 

今回の記事では、ハーブガーデンシャンプーがなぜ脂漏性皮膚炎に最適なのか、

 

その理由について書いています。

 

 

脂漏性皮膚炎の原因とハーブガーデンシャンプーの効果

 

脂漏性皮膚炎の原因は、

 

  • マラセチア菌の増殖
  • ホルモンバランスの乱れ
  • ストレス
  • ビタミンBの不足
  • シャンプーのすすぎ不足、洗いすぎ
  • 生活習慣の乱れ

 

などが挙げられます。

 

原因が複数ありますが、改善するためには消去法でこれらの原因をつぶしていくことが大切です。

 

まず、一番原因として多いのがマラセチア菌(真菌の一種)の増殖です。

 

マラセチア菌とは、人の皮膚に普段から存在する常在菌です。
皮脂が多い環境下で異常増殖すると、その代謝物がお肌に炎症を引き起こすと考えられています。

 

マラセチア菌を撃退するシャンプーで有名なのが、

 

持田ヘルスケアのコラージュフルフルネクストシャンプーです。

 

 

このシャンプーはお医者さんが脂漏性皮膚炎の方に勧めるほど有名です。

 

 

というのも、抗真菌(抗カビ)成分「ミコゾール硝酸塩」と抗酸化、抗菌成分「オクトビロックス」を配合しているので、

 

もし、菌が原因で脂漏性皮膚炎になったのならば、最もふさわしいシャンプーと言えます。

 

 

ただ、原因が菌でない場合、改善しないという声があるのも事実です。

 

もし、コラージュフルフルネクストシャンプーを使っても脂漏性皮膚炎が改善しない方は、

 

ハーブガーデンシャンプーを一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

ハーブガーデンシャンプーは、

 

  • 1、低刺激でお肌に優しいアミノ酸シャンプー
  • 2、抗炎症、抗菌作用を持つ成分が豊富
  • 3、保湿成分も豊富に配合

 

といった特徴を持っているので、脂漏性皮膚炎を改善するための要素を満たしています。

 

また弱酸性シャンプーにありがちな洗浄力の弱さもありません。

 

 

実際、ハーブガーデンシャンプーを使って、頭皮のかゆみ、フケ、臭いが改善した人は多いので

 

試すだけの価値はあります。

 

 

脂漏性皮膚炎を食べ物で改善

 

シャンプー選びと同時に気を付けたいのが食事です。

 

脂っこい食事をとり過ぎると当然、皮脂量は増えてしまいます。

 

ではどんな食事が皮脂に生まれ変わりやすいかというと、

 

マーガリン、バター、マヨネーズ、ベーコン、ソーセージ、揚げ物、ケーキ、アイスなどです。

 

お酒を飲む人は、つまみなど脂っこいメニューが多いので注意したいところですね。

 

もし脂漏性皮膚炎を改善したいなら、これら脂質の多い食事はなるべく避けたほうがいいです。

 

逆に摂取したほうがいいのは前述したビタミンBを豊富に含んだ食品です。

 

例えば、レバー、しじみ、ブロッコリー、ほうれん草、人参などです

 

脂質の少ない魚、野菜、果物を積極的に摂りたいですね。

 

ハーブガーデンシャンプーは使い方で効果が変わる

 

脂漏性皮膚炎の原因の一つにシャンプーのすすぎ不足、シャンプーのやり過ぎがあります。

 

私も思い当たる節があって、今から考えるとすすぎにそこまで時間をかけていなかったし、

 

洗浄力の強すぎる市販のシャンプーを長い間使っていました。

 

ハーブガーデンシャンプーの効果的な使い方はこちらにまとめているので、ぜひ参考にしてください。

 

ハーブガーデンシャンプーの使い方※これを知らないと大損!!

 

↓ハーブガーデンシャンプーの悪い口コミが知りたい方はこちら

 

ハーブガーデンシャンプーの口コミ