ハーブガーデンシャンプー haruシャンプー

ハーブガーデンシャンプー対haruシャンプー※頂上決戦の決着は!?

 

ハーブガーデンシャンプーharuシャンプー

 

ハーブガーデンシャンプーと並んで人気のあるノンシリコンシャンプー、haruシャンプー

 

ネットで調べると、どちらの評価も高いですよね。

 

なのでシャンプーを選ぶとき、どちらにしようか悩んだ方もいらっしゃるかもしません。

 

そこで、ハーブガーデンシャンプーとharuシャンプーを徹底的に比較してみました。

 

この記事を読むことで、購入後あっちにすればよかったといった後悔を防ぐことができます。

 

ハーブガーデンシャンプー対haruシャンプー※口コミ評価が高いのはどっち

 

まずは、口コミ評価でハーブガーデンシャンプーとharuシャンプーを比較してみました。

 

ハーブガーデンシャンプーのアットコスメ総合評価はこちらです。

 

ハーブガーデンシャンプーharuシャンプー

 

口コミ投稿数45件、注目人数101人、総合評価4.0でした。

 

ハーブガーデンシャンプーの良い口コミ

  • きしまない
  • 泡立ちが良い
  • 頭皮トラブルがなく安心して使える
  • 売り込みがない
  • 頭皮の臭いが解消した
  • 髪のボリューム、ハリとコシが改善
  • ショートヘアだと3ヶ月くらいもつ
  • まったくフケが出なくなった

 

ハーブガーデンシャンプーの悪い口コミ

  • 髪の毛がギシギシしてしまう
  • 頭皮に合わなかった
  • トリートメントは補修が物足りない
  • ヘアアレンジすると髪がぱさつく

 

ハーブガーデンシャンプーの口コミの評価をまとめるとこんな感じでした。

 

 

続いてharuシャンプーのアットコスメでの総合評価はこちらです。

 

ハーブガーデンシャンプーharuシャンプー

 

口コミ投稿数1,099件、注目人数716人、総合評価は4.8でした。

 

haruシャンプーの良い口コミ

  • 頭皮のかゆみが解消した
  • リンスが不要になった
  • 抜け毛が軽減した
  • 髪がサラサラになり指通りが良くなった
  • 白髪を見かけなくなった
  • 頭皮ニキビがなくなった
  • 髪にハリとツヤがでた

 

haruシャンプーの悪い口コミ

  • 頭皮に合わなかった
  • リンスやコンディショナーがないと厳しい
  • 白髪に効果なし

 

haruシャンプーの口コミの評価をまとめるとこんな感じでした。

 

比較してみると、少し違う意見が出てきました。

 

haruシャンプーはヘマチンという成分を配合しており、白髪効果を売りにしています。

 

なので、若干方向性が違いますが、口コミ評価の高さはharuシャンプーのほうが上でしたね。

 

 

ハーブガーデンシャンプー対haruシャンプー※成分が良質なのはどっち

 

ハーブガーデンシャンプーとharuシャンプーですが、ともに天然自然成分を売りにした商品です。

 

実際、どちらが良質な成分を使っているのか比較してみました。

 

まず、ハーブガーデンシャンプーの全成分はこちらです。

 

水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNaココイルグルタミン酸ココアンホプロピオン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタインココイル加水分解ダイズタンパクK、ヤシ油(V.C.O)、サクラ葉エキスフムスエキス(フルボ酸)ユチャ油(サザンカ油)ラフィノースアロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、クエン酸、セリシンポリクオタニウムー10センブリエキスユズ果実エキス(ユズセラミド)ヒアルロン酸Na、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキススイカズラ花エキスプルサチラコレアナエキスアルニカ花エキスオドリコソウ花エキスオランダカラシエキスゴボウ根エキスセイヨウキズタエキス、ニンニクエキス、セイヨウアカマツ球果エキスローズマリーエキスローマカミツレ花エキス、香料(アロマ精油ブレンド)

 

黒字:界面活性剤、赤字:抗炎症作用を持つ成分、青字:保湿作用を持つ成分

 

これは、ハーブガーデンシャンプーの特徴の一つですが、フケやかゆみ、抜け毛を防止するために

 

ただの水ではなくオーガニックハーブティーを使用しています。

 

成分の30パーセントはオーガニックハーブで構成されているので、

 

ほかのシャンプーに比べて、成分に対するこだわりを感じます。

 

そして、ノンシリコンシャンプーの弱点を補うべく、低刺激なのに洗浄力の高い界面活性剤を使用しています。

 

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルグルタミン酸
  • ココアンホプロピオン酸Na
  • ココイル加水分解ダイズタンパクK

 

上記の界面活性剤を配合すると価格が高くなるデメリットがありますが、

 

ノンシリコンシャンプーの弱点である洗浄力の弱さをカバーすることができます。

 

また頭皮のかゆみを防ぐために、抗炎症作用を持つ成分は14種類配合されていました。

 

そして、頭皮のフケや乾燥を防ぐために保湿成分が7種類配合されていました。

 

次にharuシャンプーの全成分はこちらです。

 

水、ココイルグルタミン酸TEAコカミドDEA、グリセリン、ココイルメチルアラニンNaココイル加水分解コラーゲンKジラウロイルグルタミン酸リシンNaイノシトールビワ葉エキスアセチルテトラペプチド-3アカツメクサ花エキスサクラ葉エキスセンキュウ根茎エキスリンゴ果実培養細胞エキスハイブリッドローズ花エキスカミツレ花エキスブッソウゲ葉エキスラミナリアオクロロイカエキスアセチルヘキサペプチド-1デキストランヘマチンオリーブ油オレンジ果皮油キュウリ果実エキス海塩ケイ酸Na、ポリクオタニウム-10、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)、ベタイン、カプリリルグリコール、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2ラウリン酸ポリグリセリル-10、BG、レシチン、キサンタンガム、グレープフルーツ果皮油、オレンジ油、レモングラス油

 

黒字:界面活性剤、赤字:育毛効果がある成分、緑字:抗炎症作用を持つ成分、青字:保湿作用を持つ成分

 

haruシャンプーは、ハーブガーデンシャンプー同様、低刺激で洗浄力のある界面活性剤を使っています。

 

ただ、ハーブガーデンシャンプーとの最大の違いはキャピキシルをはじめ育毛成分を豊富に含んでいることですね。

 

そして、ハーブガーデンシャンプーに比べて抗炎症作用を持つ成分が少ないですね。

 

なので、育毛に期待して使うならばharuシャンプー、頭皮環境を整えるならハーブガーデンシャンプー

 

という風に購入する人のニーズによって好みが分かれるという結果でした。

 

ハーブガーデンシャンプー対haruシャンプー※コスパがいいのはどっち

 

ハーブガーデンシャンプーとharuシャンプーのコスパを比較してみました。

 

髪の長さにもよりますが、両方とも一本で2ヶ月くらいもちます。

 

まずハーブガーデンシャンプーのコスパですが、シャンプー単体だと一回の購入が送料込みで2,540円です。

 

なので2ヶ月で割ると1日当たりのコスパは、42円でした。

 

一方、haruシャンプーのコスパですが、こちらは送料無料で3,888円です。

 

2ヶ月で割ると1日当たりのコスパは64円でした。

 

わずかにハーブガーデンシャンプーのほうがコスパがいいですね。

 

ハーブガーデンシャンプー対haruシャンプーまとめ

 

ハーブガーデンシャンプーとharuシャンプーの比較をしましたが、

 

口コミ評価ではharuシャンプーがハーブガーデンシャンプーより上でした。

 

成分の比較では、ハーブガーデンシャンプーは頭皮環境を整える成分が豊富に入っていて

 

haruシャンプーは育毛成分が豊富に含まれていました。

 

なので、どちらが優れているよりは、好みの問題ですね。

 

そして、コスパに関してはハーブガーデンシャンプーのほうが1日当たりの価格が安いという結果でした。

 

購入前の参考にしていただければ幸いです。

 

ハーブガーデンシャンプー公式サイトはこちら

 

haruシャンプー公式サイトはこちら

 

ハーブガーデンシャンプーの口コミはこちら